マーケティング

商品やサービスの内容を変えずに売上を10倍に伸ばす方法

こんばんは。
横山直宏@アジアWeb通信です。

 

今日は、

ビジネスに直結する

内容に踏み込んでいきます。

 

それは、

 

「商品やサービスを変えずに、

 売上を10倍にする方法」

 

です。

 

私はこれまで多くの経営者を

コンサルティングしてきましたが、

 

素晴らしい商品や

サービスを持っているのに、

 

それに見合った売上が出せていない

という方をたくさん見てきました。

 

その方達にちょっとした

アドバイスをしたことで、

売上が2~10倍上がったのです。

 

そのアドバイスした内容というのが、

 

「ビジネスモデルを変えること」

 

です。

 

ビジネスモデルとは、

事業で売上を上げるための仕組み

のことをいいます。

 

例えば、

 

・物販ビジネス

・店舗型のビジネス

・継続課金型のビジネス

 

などです。

 

今の時代に最も効率の良い

ビジネスモデルは、

 

「会員制のビジネスモデル」

 

です。

 

身近にある

分かりやすい例でいえば、

 

・賃貸、電気、ガス、水道

・トレーニングジム

・スマホなどの通信料

 

などがイメージしやすい

と思います。

 

またWebサービスでは、

 

・食べログ

・Amazon Prime

・チャットワーク

・Newspicks

 

などに毎月課金をされている方も

多いのではないでしょうか。

 

なぜ会員制のビジネスモデルが

今の時代に効果的なのかというと、

 

それは、

 

「モノを買っても、

 豊かになれない時代になった」

 

だからです。

 

少し前までは、

マイホームやマイカー、

家電製品などを購入することで、

生活が良くなっていました。

 

しかし、今の時代は、

普通に生活をする分においては、

何の不自由なく過ごせるので、

 

モノに対する需要が

どんどん減ってきているのです。

 

モノを買わなくなった人たちは、

何にお金を使っているのかというと、

 

情報やサービスや体験価値に

お金を使っているのです。

 

だからこそ、

情報やサービス、

体験価値を提供しやすい

 

「会員制」という

ビジネスモデルが

今は売上を上げやすくなっています。

 

また、一度作った会員制の仕組みに

会員さんをどんどん増やしていくことで、

 

あなたのビジネスも右肩上がりに

成長していくのです。

 

もちろん、

会員さんに継続してもらうための

メリットをしっかりと提示したり、

 

継続するに見合う商品や

サービスに変更する必要はありますが、

 

あなたが持っている

今の商品やサービスを

根本的に変える必要がない場合が

ほとんどです。

 

その具体的なやり方そのものは、

あなたの現在のビジネスモデルや

商品、サービスによって変わってくるので

 

このメルマガで

お伝えするのは難しいのですが、

 

私が運営している

コンサルティングサービスのYCSでは、

 

既に100名以上のメンバーがいて、

それぞれの方にあった

ビジネスモデルを提案しています。

 

その提案している中でも、

多くを占めているのが

会員制のビジネスモデルなのです。

 

経営を継続していくためには、

今回のような、

 

「時代に合ったビジネスモデルは何か?」

 

ということも大事な要素になってくるので

参考にして頂ければと思います。

 

次回は、

 

「ビジネスで成功するために

 必要不可欠なもの」

 

について、

お伝えしたいと思います。

 

楽しみにしていてください。

 

追伸

 

「思考の力」があれば、

何でも解決できるという

面白い話を聞きました。

 

ビジネスと似ているので

シェアをしたいと思います。

 

思考の力を

コントロールしている人は、

 

「この世の中には、

 自分一人しかいない」

 

という考え方らしいです。

 

だから、自分の目の前で

起きている事象の1つ1つは、

全て自分が作り出しているとのこと。

 

これを、

人生を幸せに生きるために

応用をすると、

 

「ワクワクしている状態をイメージする」

 

ことで、

そのイメージしたものが

どんどん引き寄せられてくるそうです。

 

私はYCSでいつも、

 

「ワクワクしながら

 目標設定をしてください」

 

と教えていますが、

原理はすごく似ているなと感じました。

 

常日頃から

ワクワクしていきましょう。